機能性胃腸症の食事

機能性胃腸症の食事の機能性胃腸症を治すには?教えて!

Home>>機能性胃腸症の食事

機能性胃腸症の食事

機能性胃腸症の食事

機能性胃腸症の食事は、質よりも量に注意してください。

胃の機能が正常に働いていないので、食後になると胃痛、胃もたれや吐き気などの症状が起こります。

ですから何を食べたら良いかではなく、不快な症状が出ないように分量を少なめに食べるということになります。

朝食べる時は、お昼にお腹がすくように少なめに食べます。昼食を食べる時は夕食にお腹がすくように食べます。その繰り返しになります。

管理人の主観的な見方ですが、機能性胃腸症の症状の深さは、食事をしてから何分後に胃の不快の症状が出るかでわかります。

①食欲がなく全く食べれない。
②食直後に症状が出る。
③食後30分後に症状が出る。
④食後2~3時間後に症状が出る。

①から深刻度が強い順番です。

消化の良いものを腹五分から腹八分で食べるように注意します。

食べたくても食べれない、食べると胃もたれする。などの症状をずっと毎日続けていくと精神的につらくなります。

そして食べる量が減りますと、今度は体重が減ります。管理人も8kg程減りました。

ですが体重が減ってもそんなに心配しないで下さい。体重は、ある一定のところで下げ止まります。

体重が減っても、弱った胃のために食事の量を常に少なめに取るようにしていきましょう。
食養生をして胃に負担をかけないようにしましょう。

特に夜の食事は、食べ過ぎると夜中に胃痛などが起こり一晩中寝れない場合があります。
一晩中胃痛を我慢すると腹筋が筋肉痛を起こしたりします。ですから夜の食事の量は少なめにしてください。

最悪の場合救急車を呼ぶはめになってしまいます。なるべくそれは避けたいですよね。

おかゆがおすすめ

消化のよい物と考えるとおかゆが頭に浮かびます。

機能性胃腸症の食事は、おかゆがおすすめです。

中国では、薬膳などのように粥(かゆ)が薬として使われていました。

  • 消化が良い
  • 体(胃)を温める
  • おかゆは、食べる薬です。化学薬品のように副作用もありません。体もリラックスしますので元気になります。
    また、胃が回復してくればおかゆを食べ続けることで腹八分でも太ります。

    できればおかゆは自分で作ると良いと思います。食欲がないのにつらい作業ですが、土鍋 でお米を煮るだけですから調理も簡単です。
    自分で食べる分量をコントロールしていくことで毎日の体調を把握していくことが大切です。

    そして少しでも空腹感を感じることが大切です。食欲が出たら旬の野菜などをお粥に入れてやわらかくして食べましょう。
    あくまでも量は少なめです。良くかんでゆっくり食べましょう。

    胃が元気になる食べ物

    胃が丈夫になる食べ物を紹介します。

    やまいも、大根、かぶ、自然薯、などは消化酵素のジオスターゼやアミラーゼが豊富です。
    キャベツのビタミンUは胃の粘膜の再生に。
    じゃがいもは胃の炎症を抑えます。
    そら豆は止血効果があります。

    れんこんは、胃の健胃剤と言われています。れんこんの実である、蓮子(れんし)は強壮と精神安定に有効です。

    山椒の実から作った花椒は消化器官を温めます。

    不快を感じるようなら、ミキサーを使ってすりつぶせば消化が一段と良くなります。

    副菜には上記の野菜をトッピングして食事を楽しみましょう。

    管理人は、冬の期間は自然薯を良く食べました。とろろ汁や山かけは消化にとても良いです。

    おかゆの上にとろろ汁をかけて食べれば見た目はドロドロですがかなり消化が良く胃も元気になります。

    逆におすすめできないものは、うどん、そば、もちなどです。
    胃が元気な人は、噛まずに飲み込んでも消化してくれますが機能性胃腸症になっている場合は最悪です。
    胃から腸へとスムーズに送り出されませんのでいつまでも石が入っているかのように胃が重くなります。

    その結果、胃の不快な症状がすぐに発生します。

    弱っている胃にはおかゆでさえもたれる場合があるので、
    初めのうちは、きついかもしれませんが胃が元気になるまで徹底しておかゆを続けましょう。

    参考になるサイト

    慢性胃痛の弁証論治

    胃が元気になる飲み物

    冷たい水は胃に負担をかけます。中国では冷たい水は飲みません。お茶として温めて飲みます。

    できる限り常温かお湯がよいでしょう。

    ここでは胃が元気になるお茶をご紹介します。

    ①はと麦茶・・・胃腸を丈夫にします。消化機能を高め、胃弱の方にもおすすめ。管理人も冬の期間はホットの麦茶を飲んでいました。とてもおいしいです。

    ②小麦茶・・・香りが良くストレス解消や疲労感を緩和します。安眠効果もあり。胃粘膜を保護します。

    ③黒豆茶・・・強い抗酸化力があり、血のめぐりを良くして冷え性や疲労を改善します。

    ④よもぎ茶・・・体を温める作用が高く、冷えた胃腸を温めて、血のめぐりをよくします。月経痛、貧血、食欲不振を改善します。

    ⑤うこん茶・・・血のめぐりを良くし、月経痛、冷え性、肩こりなどに効果。胃腸の働きを促進し食欲不振など。

    ⑥薬用人参茶・・・新陳代謝を高め、疲労回復効果が高い。血行、冷え性を改善。胃の働きも良くする。

    ⑦紅茶・・・体を温めます。ドライフルーツ、シナモン、生姜、赤ワインなどと相性が良く冷え性を改善します。心身の疲れを和らげる効果もあり。

    ⑧ジャスミン茶・・・ジャスミンの香りが脳の機能を活発にしたり、高ぶった神経を鎮めます。頭痛、肩こり、消化促進など。

    注意点はいずれも飲みすぎないことです。

    Copyright (C) 2007 機能性胃腸症を治すには?教えて!, All rights reserved.